カテゴリー別アーカイブ: 風呂場や脱衣所でも快適

国がヒートショック対策について取り組み始めたようです

消費者庁が、高齢者の入浴中の事故、いわゆるヒートショックについての警戒を呼びかけています。

消費者庁HP → 冬場に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください!

kamakuraFireDept現在の日本人男子の平均寿命は79歳で、健康寿命は70歳だそうです。

健康寿命とは、聞きなれない単語かもしれませんが、2000年に世界保健機関(WHO)が定めた「介護を必要としないで自立した生活ができる生存期間」の事を指します。

すなわち、平均寿命-健康寿命=9年間は介護を必要とする生活が待っている計算になるのですが、皆さんはこの数字をどのようにお考えになりますか?

ちなみに、日本は先進国の中でも断トツのヒートショック死亡者数を更新しています。

2位の韓国の4倍近く、3位以下の国の6倍以上の人数が毎年ヒートショックで亡くなっています。

さらに、交通事故でお亡くなりになる人数の4倍の数字と言うとどうでしょう?

なんら対策を施さない家に住むという事は、信号を見ないで道路を渡るようなもの、ではないでしょうか?

風呂場や脱衣室で寒さを感じることはありません。

入浴中にヒートショックで亡くなる方は全国で年間1万4千人。交通事故の8700人に比べてもいかに危険かがお分かりでしょう。
エアブレスの浴室、脱衣室の包み込むような暖かさはなかなか文章では表現できません。ぜひ体感においでください。
h04
国民生活センター
「くらしの危険No.244浴室の死亡事故」より
(東京、大阪、兵庫の3観察医機関からの浴室内の死亡事故の事例情報週)